皆さまこんにちは。株式会社プレミアバンク最高セキュリティ責任者(CSO)の岸本です。

前回では、低リスクでリターンが高い投資は存在しないので、どれくらいのリスクなら取れるのか、リスクの許容範囲を自己分析する必要性をお話しました。

【前回の記事】
投資のリスクの取り方①

今回は、少し具体的にみていきましょう。

リスクとは「ある行動や選択を行なった場合に生じる危険」という意味で、将来において損害が発生する可能性があるということです。

リスクは、ほとんど全ての行動に対してついて回るもので、現実、リスクをゼロにするということはできません。それは将来の多くの出来事は不確実だからです。

資産運用において、一般的に言われているリスクを具体的にみていきましょう。

・価格変動リスク:
マーケット(市場)で取引の価格が変動することにより、投資した金融商品の価格が変動するリスクのことです。

・信用リスク:
企業の倒産や破綻によりお金返済してもらえないリスクのことです。

・為替リスク:
為替相場の変動により損失が発生するリスクのことです。

・流動性リスク:
売買が極端に少なくなることで、売りたいとき売れない可能性があるリスクのことです。

・カントリーリスク:
投資対象国や地域において、政治・経済の変化によってマーケットケットに混乱が生じた場合、そこに投資した資産価値が変動するリスクのことです。

・地政学的リスク:
特定の地域における紛争などにより特定地域全体のリスクや石油などの特定の商品の価格を変動させるリスクのことす。

・金利リスク:
将来の金利変動によるリスクのことです。

リスクについて考えるとき、投資の大原則としてリスクとリターンは表裏一体であるということを理解しなくてはなりません。

要するに、リスクに対して、投資家はプレミアム(付加価値)を求めることになりますので、結果としてハイリスク商品はハイリターン商品ということになるのです。

投資をするということは何等かのリスクを取るということで、要するにどんなリスクを負うのか=どんな投資をするのか、ということになります。それぞれ程度の大きさは違いますが、存在します。

そのリスクを自分が取る場合、どのようなリスクの取り方を選んだらよいでしょうか。

・ハイリスクハイリターン:
「投資」というよりは「投機」と言った方がよい「商品先物取引」「FX」のようなハイレバレッジの投資の場合、元本以上の損失を生む可能性も十分にある、一か八かのようなリスクです。失ってもよい範囲で覚悟して行なうことが必要です。

・ロウリスク:
逆に、国債やMMFのようにリスクが無い訳ではありませんが、リスクを気にするほど大きなリスクではありません。しかしリターンも小さくなってしまいます。

・自分が大丈夫と思う範囲で投資をする:
信用リスク、価格変動リスクがあってもある程度なら大丈夫として、信用格付が多少低い会社の社債や投資信託に投資をしてみるやり方です。株式を購入する場合は、20%までは値下がりしても大丈夫と判断をして投資をする価格変動の許容値を決めておくやり方です。

・調査結果から判断:
株式投資で、「あの会社、業績が悪くて危ないよ。」と言われている会社(ハイリスク)でも、よく調べてみたら「財務状況はさほど悪くなく、将来有望な商品開発をしているよね。」と思ったら(リスク軽減)購入してみるやり方です。株式投資における長期投資、バリュー投資がこれに当たります。

資産運用で収益を得るためにはリスクを取るべき部分がどこなのかを見極める必要があるのです。

最終的には、どの部分のリスクを受け入れるかどうかについて、思い切って決断するしかありません。 つまり、全ての要素を検討し尽して、最後に残った部分こそがリスクを取るべき部分だと思います。